弘前城 二の丸東内門、与力番所

・・東内門の橋は城内唯一の石橋(1848年に土橋から石橋に架け替えた)
・・東内門橋の北で堀が折れて石橋に対して横矢が掛かる。
・・石橋を渡ると枡形。土塁上に土塀は残っていない。 ・・東内門は南面して立つ。
・・門と土塁との間の隙間には塀があったが、ここが石垣造りと比べての弱点。
・・門をくぐって二の丸内から。 ・・門の前に「与力番所」がある。
番所の建物は維新後も放置され、大正4年に少し離れた所に移築され公園管理人宿舎などに使用されていたが、昭和54年から3年がかりで再度移築復元された。
・・与力番所では有料で抹茶が飲める(時間がないので飲まなかったが)戻る天守へ