水戸城 橋詰門(薬医門)

橋を渡りきった所にあるため江戸時代から橋詰門と呼ばれていた。薬医門とは、門の形式を表す名称で、横から見ると屋根が中心線から前にずれているのが特徴である。

・・正面から
・・右横およびやや後ろから。屋根の中心が前にずれているのがよくわかる。
・・後ろから。  ・・前から見た左扉と通用口。