水戸城 杉山口門付近

 この杉山口の坂道は、水戸一高卒業生にとっては忘れられないものである。
 毎年秋に行われる「歩く会」(50km集団歩行の翌朝20kmの自由歩行=マラソン大会)のトレーニングとして、夏あたりから全ての体育の授業が持久走になってしまう。それは本城橋をスタートしてこの坂を下り、那珂川縁のサイクリングロードを走って、また戻ってきてこの坂道をヒーヒー言いながら上るのである。
 (「歩く会」という行事は、2005年度本屋大賞を受賞した小説『夜のピクニック』で全国的に有名になった。その作者である恩田陸は、何と私の同級生である。1年の時には同じクラスだった。この小説の場面は、その我々が1年の時の歩く会のコースそのままといってよい。また彼女のデビュー作『六番目の小夜子』も崖の上の高校、学園祭開幕には全高行事の演劇など、これまた水戸一高「学苑祭」の風景を思わせるものである。)

・・坂下から杉山口門跡を見上げる。(正面は水戸三高通用門)
・・坂をおりると家々の屋根の向こうに那珂川が少し見える(んだが、わからないだろうなぁ。)
・・坂下から西側の斜面の様子。(この上は水戸二中グラウンド)