水戸城 中御門跡(飛田穂洲像)

 飛田穂洲(1886-1965)は、茨城県立水戸中学校(1907年卒)・早稲田大学(1913年法学部卒)で野球選手として活躍。のち早稲田大学野球部監督(1919〜25)となって黄金時代を築いた。1926年以降は朝日新聞社で評論を執筆した。「一球入魂」は彼の造語である。中学(高校)野球、大学野球の普及につとめ「学生野球の父」と讃えられ、1961年には野球殿堂入りを果たした。
 水戸一高内の飛田穂洲胸像脇には、サトウハチローの詩碑「飛田穂洲先生を偲ぶ」(はじめの詩, まんなかの詩, おわりの詩)がある。

はじめの詩
 ひとつのものを つらぬくことのすばらしさ
 ひとつのものに 何から何まで打ちこむうつくしさ
 ひとつのものを 大事にそだてるやさしさ きびしさ
 ひとつのもの以外 ふりむかないガンコさにも われわれは笑顔と拍手をおくろう
 ひとつのもの ただひとつのもの
 ひたむきにそれと取り組んできた人
 その人にわたしはいままでしたことのない おじぎをする

・・飛田穂洲像
・・サトウハチロー詩碑
・・グラウンドに降りる坂の途中から中御門跡=飛田穂洲像を見上げる。