水戸城 本城橋と堀、橋詰門跡

・・橋正面。
・・橋から南を見る。中央の崖の上に本丸南西の二階櫓があった。その下の橋は国道51号。堀底には水郡線。
・・国道51号の橋から北の本城橋を見る。右が本丸、左が二の丸。堀の規模がよくわかる。
・・橋を渡りきると水戸一高校門。ここにあった橋詰門(薬医門)が奥に移築されているのが見える。
・・本丸北西二階櫓跡から本城橋を見る。下は断崖絶壁。橋の向こうは二の丸跡の水戸三高体育館。

 本丸入口の橋は、往時は土橋だった。明治時代、堀底に水郡線(初めは水戸・太田間の太田線)を通すときには土橋の下にトンネルを掘った。
 しかし昭和4年11月に陸軍最大の行事「陸軍特別大演習」が茨城県で行われるにあたり、昭和天皇が来水。大本営・行在所として県庁も新築された(現・三の丸庁舎)。天皇は15日に新治郡志筑村(現かすみがうら市)、16日に水戸郊外、17日に久慈郡久米村(現常陸太田市)で全軍を統監し、引き続き地方行幸を行う。この時、水戸から太田への移動は太田線を利用することとなったが、大きなお召し列車を通すにはトンネルが小さすぎた。そこで、トンネルを土橋ごと壊し、北海道官設鉄道で使用していたイギリス製のトラス架橋を改造転用して橋を架けることとなった。これが長年親しまれてきた「本城橋」である。しかし老朽化がはなはだしく、平成14年に新たな橋が架けられた。