躑躅ケ崎・武田館

概略

所在地山梨県甲府市古府中町
城主武田信虎・信玄
現存 堀・土塁

歴史

 場所は甲府盆地の北端に近い扇状地の付け根にあたり、北の背後は山、南はなだらかな下り斜面となっている。真南約2キロの地に一条小山という独立丘がありそこにも砦を築いたが、そこがのちに甲府城が築かれる場所である。
 武田信玄の父・信虎が1523年にここに館を構えて以来、60年間武田氏の本拠であり続けた。信虎は必要以上の軍事遠征を繰り返したため、1541年に駿河の今川氏のもとへ会談に赴いた直後、厭戦派の家臣団と息子・晴信(信玄)による無血クーデタにより帰路を封鎖され追放処分となり、ここに信玄時代が到来する。
 「人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方仇は敵なり」という言葉で有名な信玄には、総石垣の徳川甲府城よりも、この水堀と土塁で囲まれた館のほうがふさわしい。しかし、1582年の武田氏滅亡後の豊臣政権のもとで、おそらく加藤光泰によって石垣造りの天守台が築かれたりもしている。
 甲府城完成後は躑躅ケ崎は館の機能を終え、大正4年(1915)武田信玄に従三位が追贈されたのを機に、同8年(1919)館跡に武田神社が造営され現在に至っている。

訪問記・写真

 3月5日、午前中に甲府城を見た後、午後訪問。
 甲府城から北にだらだらと坂道(武田通り)を登っていく。両側に山梨大学などがある。この通りの突き当たりが武田神社、昔の躑躅ケ崎館である。正面に神橋と神社鳥居。橋の右手の路肩が参拝者用駐車場である。
 とりあえず拝殿まで行き、その右(東)の宝物館で風林火山の旗印を見る。撮影禁止だったが、もし撮影OKでも文字が薄れていていい写真は撮れなかったろう。この拝殿などが東曲輪、その西に中曲輪、さらに堀の西側が西曲輪である。(→地図参照今の正面の神橋は昔は無かった。

 次に、東曲輪の東大手口を見る。その外に馬出があるが、発掘調査工事中である。
 その後引き返して、中曲輪と西曲輪との間の土橋から堀を見る。西曲輪の南虎口から外へ出て、水堀を南から西側へと見ていく。西曲輪の北虎口から入る。その北には北曲輪の痕跡のような土塁跡が見られる。

北曲輪は写真を撮るのを忘れた。そのかわり西曲輪北虎口前から北を見渡したQuickTimeの無声動画を撮影した(3.9MB)。

 西曲輪から中曲輪に入ってすぐ北の天守台があると思われる方向へ行こうと思うが、そこは立ち入り禁止の表示がされている。そこで東大手から出て曲輪の北へまわり、天守台が見えないか調べてみるが全く見えず。結局、再び西曲輪北虎口から入り、今度はその脇の土塁を中曲輪との間の堀に沿って歩く。すると、堀向こうの天守跡らしき石垣がかすかに見える。
 再び、西曲輪南虎口へまわり、今度は土塁に登って南曲輪方向を見渡しながらも、何とか天守台を見たいものだという思いがおさえられず、また先ほどの立ち入り禁止表示の前まで引き返し、そっと北へ入って行って、ついに突き当たりのテントの裏の竹林の向こうに、天守台石垣を確認・撮影に成功した。新しいデジカメのズーム機能がここでも役に立った。