八幡山城

概略

所在地 滋賀県近江八幡市
城主 豊臣秀次、京極高次
現存 石垣、城下の水堀

歴史

 1585年、豊臣秀吉は、甥で養子の秀次に20万石を与え八幡山城を築かせた。秀次は琵琶湖に臨む八幡山の山頂に石垣造りの本丸、その一段下に北 の丸・西の丸、本丸舛形の南に二の丸を配置した。これら3つの曲輪は本丸下の犬走りによって連結された。
 さらに八幡山の南山腹の谷部分には大規模な居館が構えられていた。数段にわたって石垣が構えられ、正面舛形には巨大な石によって舛形が形成された。さら にその下にも削平された段が点在し、これらは家臣の屋敷と考えられている。
 居館下の山麓部には水堀が琵琶湖から直結でめぐらされ、安土から町人たちを移して城下町を形成させた。(この地域が「伝統的建造物群保存地区」に指定さ れている。)

 

 1590年の天下統一後、秀吉は秀次を清洲に移し、八幡山には京極高次を2万8千石で入れた。しかし彼も1595年に大津に移され、八幡山城は廃 城となった。

 一方、築城者である秀次は1595年に高野山に追放され切腹させられた。彼の実母(秀吉の姉・日秀)は、秀次の菩提を弔うため京都嵯峨野の村雲に 瑞龍寺を創建し、これを村雲御所と称した。この寺は1788年に全焼したがその30年後に再興された。さらに昭和36〜38年にかけて、京都西陣からこの 八幡城跡に本堂・山門などを移築し現在に至っている。

訪問記・写真

八幡山ロープウェイ上駅前の案内地図

 2012年11月25日、安土城、観音寺城と見た2泊3日の最終日、歴史的町並みが保存されている近江八幡の町中をまわった。この時、全く予習し てなかったので、ここが豊臣秀次の城下町であることを知らなかった。
 すると町外れから、琵琶湖に突き出した山にロープウェイで登れるようなので登ってみた。そのロープウェイ車内アナウンスで、秀次がどうのこうの、と言っ ていたが聞き流してしまっていた。ところが山上の駅を降りたら、どう見ても城の石垣でしかないものがあったので「ん?」と思い、はじめて現地の解説板を読 んで、ここが秀次の八幡山城であったこと、現在は本丸跡に瑞龍寺があることに気がついたのであった。
 ロープウェイから降りてすぐ、正面に見える石垣は二の丸のものである。直進してお願い地 蔵堂を過ぎたら、右上に登っていき、その後左へUターンするように登ると瑞龍寺の門がある。明らかに左折れの坂虎口に石垣が構築されている。この上は本丸である。本丸にある瑞龍寺本堂は大きくはないが「村雲御所」の名にふさわしい威厳が ある。本丸東隅に突き出たところは当然櫓があって本丸への上り坂を見下ろしていたであろう。そこには現在は稲荷堂がある。
 本丸をおりて周遊歩道を西の丸跡まで進む。西の丸からは琵琶湖の対岸、比叡山などま で見渡せる。さらに本丸下を時計回りに歩くと北の丸跡に至る。さらに本丸東下を進み、 稲荷堂下からそのまま南に行くと二の丸跡の売店に入る。北の丸、および二の丸売店南の展 望台からは、西の湖越しに安土山と観音時山がよく見える。

 近江八幡市内には、多くの古い商家が残っており、1991年に国の重要伝統的建造物 群保存地区に指定されている。
 近江八幡市立資料館になっている旧伴家住宅は、八幡尋常・高等小学校校舎にも使われた。その他に城山をまっすぐ見上げる通りの両側は、当時の町並みその ままの趣がある。(旧西川家住宅も内部公開されているが、時間の都合で入らず。)
 そこから城に向かって歩くと水堀がある。現在ある風景は堀というより民間利用の運河のようだが、最初は秀次が城の堀として掘削させたもので、幅はもっと 広かったらしい(ガイドさんが観光客に説明してるのを盗み聞き)。多くの時代劇のロケ地として使われているので、初めてきたとは思えないデジャヴな風景で ある。
 また別の通りにある旧八幡郵便局の建物は、ウィリアム・メレル・ヴォーリズ(1880- 1964)の設計に よるものである。彼の建物は、彦根城内堀西側にある旧滋賀大学外国人宿舎(現「ひこね市民活動センター」)を見たことがある。彼は1905年に滋賀県立商 業学校(現・八幡商業高校)の英語教師として来日、08年に京都で建築設計事務所を設立。18年には一柳子爵令嬢と結婚、41年に日本に帰化。45年に マッカーサーと近衛文麿との仲介工作を行う。近江八幡市を拠点に「近江兄弟社」を設立しメンソレータムを日本に普及させた。建築家としては関西学院・明治 学院・神戸女学院・同志社など多くの大学の建物、教会建築その他を残した。市内のアンドリュース記念館(近江八幡YMCA会館)もその一つである。
 ロープウェイ乗り場の麓には、日牟禮八幡宮(ひむれはちまんぐう)がある。成務 天皇による創建、祭神は応神天皇夫妻(誉田別尊、息長足姫尊)という歴史 あるものだ。八幡山の山頂とこの麓の上・下二社からなっていたが、秀次の八幡山城建設で、上社が下社に合祀されて今に至っている。
 そこから堀を渡った外側に「白雲館」という洋風建築がある。これは1877年に八幡東学校としてたてられた。1994年に解体修理された際、創建時の姿 に戻され、以後観光案内所になっている。