金沢城

概略

所在地石川県金沢市
藩名加賀藩
城主前田利家以下、前田家
現存石川門、三十間長屋
復元菱櫓・五十間長屋・橋爪門続櫓・橋爪門・河北門・玉泉院庭園・いもり堀

歴史

 1546年、一向一揆勢によって金沢御堂が現在の本丸付近に創建される。この御堂を核にして金沢の町並みはまず寺内町として形成された。しかし1580年、織田信長の軍によって御堂は陥落。佐久間盛政が御堂跡を居城として整備する。犀川と浅野川に挟まれた小野立台地の突端部を利用した平山城であった。
 1583年、賤ヶ岳の戦いで柴田勝家方についた佐久間盛政は処刑され、豊臣政権下で金沢には前田利家が入った。利家は朝鮮出兵のため肥前名護屋に出陣したため、嫡男利長に城の改修を命じた(文禄年間)。この時、台地との間に白鳥堀・百間堀・いもり堀を掘り、高石垣を築いた。
 1599年、利家の死後、利長は徳川家康から謀反の嫌疑をかけられた。利長は弁明に努める一方、攻撃に備えてさらに城の修築を行った(慶長年間)。この時、三の丸の北側を新丸としてその北辺に大手堀、城地の東西に惣構堀を設け、また城内南東端に天守台を築いた。その際に縄張りをまかされたのがキリシタン大名として知られ、秀吉の禁教令後は前田家の客将となっていた高山右近だった。(彼はその後、高岡城築城にも才能を発揮したが、キリスト教信仰を貫きマニラに追放された。)

 1602年、落雷で天守ほか本丸御殿の大半を焼失。以後、天守は再建されず三階櫓で代用された。1631年の大火で城中全焼の後は本丸御殿も再建されなった。翌1632年に二の丸御殿を再建し以後はここが中心となった。この寛政年間の再建で、犀川上流から辰巳用水を引き、百間堀を水堀とした。また1642年には北の丸に金沢東照宮を創建する(現、尾崎神社)。
 1759年の宝暦大火で再び延焼。62年から二の丸御殿、72年に河北門、88年に石川門を再建したが、三階櫓や大手門(尾坂門)は以後再建されることはなかった。

 明治維新後、1873年に城跡は兵部省(陸軍省)の管轄となり、1898年に第九師団司令部が設置される。この間、1881年の火災で二の丸御殿、河北門などが焼失した。
 1945年の敗戦で一時米軍が進駐。1949年には場内に金沢大学が開校した。しかし平成7年に大学が城外に移転、翌平成8年、城跡は石川県に払い下げられ、平成11年には二の丸菱櫓・五十間櫓・橋爪門・橋爪門続櫓の復元を開始。平成13年に完成した。

金沢城趾公園案内図1668年金沢城下図

訪問記・写真

14日夕方

 2008年8月14日、広島を朝8時半頃出発。山陽道・中国道・名神道・北陸道をへて17時に金沢城のすぐ北側のKKRホテル金沢に到着。まだ少し明るかったので大手門から入城。城域の北3分の1を占めるこの広場は新丸広場を突っ切って、河北門跡の坂道を登り三の丸へ。河北門は昔の城絵図によれば枡形門だったようだが、まさにその再建工事中のため、右(東)の石川門方向へ大きく迂回させられる。
 この城の石川門や二の丸菱櫓などは基本的に東からのアングルなので、夕日の時間帯はモロ逆光である。そこで二の丸北側を通り裏口門跡から二の丸広場へ入る。夕日に映える二の丸菱櫓・五十間櫓・橋爪門続櫓が美しい。極楽橋の南、付壇にある三十間長屋も見えるがこれも逆光。そうこうしているうちに閉園時間のようで係の人が園内から観光客を追い出しにかかっている。二の丸南西隅から坂道を下り「いもり坂口」から出る最後の客になってしまった。(いもり坂は明治以後に造られた通路である。「玉泉院丸」と「薪の丸」の間を抜ける。)

 いもり坂口を出ると本丸南の高石垣下に出る。ここは往時には「いもり堀」という堀があったが、今は埋め立てられて芝生の植えられた公園になっている。本丸南端「辰巳櫓」下にはその堀に突き出た「鯉喉(りこう)櫓台石垣」が発掘されている。また辰巳櫓下の石垣は現在4段の石垣になっているが、このようにされたのも明治以後に積み直されてからのことである。現地解説板によれば下から2段目の石垣からそのまま本丸の高さまで積まれていたようだ。(解説板に積み直す前の古写真があった。)
 ここからさらに南に行き、旧制第四高等学校本館(1891年建築、重要文化財、現・石川近代文学館)およびその東隣の旧県庁舎を見る。
 そのあとまたいもり堀端に戻り、城の西側の道を北上。玉泉院丸・藤右衛門丸の下を通り、尾崎神社や大谷廟所を見て、新丸の北西・黒門口あたりでは19時前。さすがに暗くで撮影不能。ホテルに戻る。

 私は河北門の工事は石垣だけかと思っていたのだが、こちらのJOKER氏のブログによれば、何と上物も造っているようで、完成の暁には石川門のような姿になるとのこと(2010年春完成予定)。また、玉泉院丸もそこにあった体育館を取り壊して更地にされ庭園が復元される予定らしい。さらに、鯉喉櫓台石垣はすでに元の高さまで積み直し復元が完了し、あとはいもり堀を水堀に復元するばかりとのこと。また旧石川県庁舎本館もレストラン併設のサロンに大規模な改装工事をすることになったらしい。いずれにせよ私が08年に撮ったのとは、すでにかなり状況が変化してしまっているようだ。

15日早朝

 ホテルの朝食前に6時半から朝駆け。前日と同じルートでまずは石川門へ。ここは日中は絶対に人通りが絶えないだろうから、この時間しかない。門外へ出て、百間堀跡の道路をまたぐ橋を兼六園側へ渡り、南へ坂を下りて、再び道路を渡り石垣下から門を撮影。ただ早朝かつ曇り空のため、イマイチ暗い写真しか撮れなかった。遠くで雷鳴が聞こえたが、この時は大丈夫だろうと思っていた。
 石川門から三の丸に入り、二の丸菱櫓・五十間長屋橋爪門・同続櫓などを撮影し、河北門跡からいったん新丸へ下りる。新丸から藤右衛門丸への坂を登り、そこから南の土橋門の石垣を撮影していた時に、急に豪雨が降り出した。しかもこんな時に限ってナップザックに折りたたみ傘を入れるのを忘れてたりするのである。土橋門前の木の下で雨宿りする。結構葉が生い茂っているおかげで、あっという間にずぶ濡れ、ということにはならずにすんでいるが、それもいつまで保つか。土橋門の向こうに見える切手門の屋根の下にも雨宿り者が一人いる。私もそちらへ走れば事態は改善するだろう。
 しかし私にはもう1つ問題があった。朝食がまだなのである。時刻は8時前。にわか雨だとは思うが、それでもいつやむかはわからない...というわけで、私はダッシュして藤右衛門丸を駆け下り、だだっ広い新丸を横切りホテルまでずぶ濡れになって戻ったのであった。急いで朝風呂に入り着替えて朝食。

15日午前

 次の活動開始は10時すぎ。まずは北西の黒門口から入り、土橋門跡へ戻る。ここは三の丸が西へ帯曲輪状に延びている部分への入口で、今は両側に石垣があるだけだが、ここも河北門同様に枡形の櫓門だったらしい。
 土橋門を入るとすぐ左前方に二の丸裏門跡があるが、その前に土橋門正面に見える切手門をくぐり、二の丸西側の一段低い腰曲輪へ入る。ここは現地の石垣説明板には「数寄屋敷石垣」とあり、藩主の側室の住まいがあった所だという。ここには旧第六旅団司令部の建物が保存されている。きれいに長方形に整形された石垣が二の丸との段差部分に積まれており、その南端近くに二の丸へ直接あがる石段がある。その脇に、南へおりていく木の階段が整備されているので下りてみる。
 階段の右下は玉泉院丸という曲輪である。玉泉院とは2代藩主利長の正室(織田信長の四女・永姫)のことで、彼女が住んでいたことから名付けられたが、彼女の死後は泉水庭園だったという。数寄屋下の石垣はその玉泉院に面していたため趣向を凝らした石の積み方になっているのである。木の階段はその石垣を見るためのもので、そのまま進むとまた登って昨日夕方通った二の丸からおりる「いもり坂」上部へつながる。
 いもり坂を登って二の丸への入口には「松坂門」跡とある。あれ?いもり坂は明治になってからの道では?..実は、二の丸松坂門からと数寄屋からは、ともに今通ってきた木の階段とほぼ同じ道が玉泉院へ向かって下りていたのである。(城絵図にもそのルートがきちんと記されている。)
 まだ午前中のため二の丸広場からの復元櫓は逆光なので、そのまま二の丸裏門跡を出て、三の丸帯曲輪を東へ向かう。狭い水堀越しに二の丸北側の石垣を見ながら菱櫓脇を抜けて三の丸主部へ。

 ちょうど日が差してきた。青空をバックに二の丸菱櫓・五十間長屋・橋詰門と続櫓を撮影する。橋爪門は高麗門しか復元されていないが、実はここも右折れの枡形門で、続櫓の南に渡櫓門があった(これも復元予定らしい)。
 橋爪門高麗門から東へ延びる水堀・石垣・土塀は、中途半端な所で途切れている。往時はここに門があって三の丸とその南の「鶴の丸」とを区切っていた。門から東には、堀が石川門石川櫓の脇まで続いていた。
 次は鶴の丸に入りすぐ右折して柵に囲まれた鶴の丸広場に入る。ここには休憩所や池があり、また石垣の積み方や土塀の構造についての展示がある。それらを見ながら橋爪門高麗門の内側へ。高麗門の西に続櫓があるが、東側にも土塀の上に櫓というより見張り台のようなものが載っている。これは「鶴の丸出窓」といい、入城の合図や時を告げる役割を担っていたという。
 橋爪門続櫓の脇(渡櫓門があった所)を通って二の丸へ入る。まもなく左に本丸西側付壇の石垣が見えるので、そこを左折。付壇と二の丸の間の堀切と極楽橋を見ながら本丸戌亥櫓下まで行き、そこを右折して付壇へ入る。付壇から極楽橋を渡り二の丸から橋とその上にある三十間長屋を見上げて撮る。三十間長屋には昔は北側に二階の続櫓がついていたらしい。南北に細長い長屋に午前の太陽があたり周囲の緑と青空をバックに良い写真が撮れた。

 付壇から鉄門跡を通り本丸に入る。この鉄門石垣は、午前は逆光だ。ただ午後もう一度撮り直しても結局あまりよい写真にならなかった。というのも、鉄門より奥の本丸は鬱蒼とした林になっているので、光を反射する鉄門石垣は露出過多に撮れてしまうのである。本丸に入りすぐ左へ行くと戌亥櫓跡である。ここからは二の丸復元建物がよく見渡せる。しかしよくわからないのは、本丸の戌亥櫓付近が「匚」の字状になっていることである。この字の左上に櫓があり、その手前に東から堀が切れ込んでいるのである。そしてこの字の上の横棒を縦に突っ切るようにトンネルが掘られている。これは戦前の軍による地形の改変だと思われるのだが、何の解説も現地にはない。(JOKER氏の08年11月9日のブログで、ここが弾薬庫だったことがわかった。)
 再び本丸の森の中へ戻り東南へ。そのうち本丸と「東の丸」の境目に「御三階櫓」跡があるはずだが、と思いつつ進んだが、いきなり東の丸東南隅の辰巳櫓跡に出てしまった。結局、御三階櫓跡の標識も、本丸と東の丸の境目もよくわからなかった。(「東の丸」という看板だけは見かけたが..)辰巳櫓から「いもり堀」跡を見下ろす。昔はこの下の石垣が4段ではなく1つの高石垣だったわけだから、伊賀上野城の高石垣のように見えただろう。東には兼六園が広がっているはずだが、イマイチ木が邪魔で見晴らしがよくない。
 次に北へ向かい丑寅櫓跡(東の丸北東隅)へ。ここも木が邪魔で石川門も百間堀もよく見えない。ここから北西へ坂を下りて本丸北側付壇にある「鶴丸倉庫」を見る。JOKER氏の08年8月15日付け(すなわち私が訪れた日!)のブログを見ると、何と!その前日14日に氏は鶴丸倉庫の内部公開を見に行かれているではないか。この倉庫は明治になってから建てられたと考えられていたのだが、最近の研究で1848年(弘化5年=嘉永元年)に建てられたことがわかり、08年6月に重要文化財に指定されたばかりである。
 鶴丸倉庫の西側に、先程戌亥櫓台から見下ろした堀切状の弾薬庫跡と石垣にあけられたトンネルがある。それを見てから東の丸の丑寅櫓台石垣下へ。ここの野面積の石垣は、1592年のもので金沢城内最古の石垣である。また、すぐ脇は百間堀に面した土塀だが、そこに「水手門」跡がある。
 ここで時刻は12時20分。ホテルに戻り昼食。

15日午後

 午後はまず、黒門前緑地・尾崎神社・大谷廟所へ。黒門前緑地は豪姫(前田利家と松の4女)が住んだ場所であるが、金沢地方検察庁検事正官舎と旧高峰家家屋(高峰譲吉博士)が移築・保存され公園として整備されている。
 城の北西・藤右衛門丸へ直接あがる甚右衛門坂は関係者以外立入禁止である。その南、丸の内駐車場沿いの石垣はちょうど旧第六旅団司令部のあった数寄屋敷下にあたる。駐車場の南に西側へ突き出た立派な石垣は、玉泉院丸の北西端である。その南にも石垣が続いているが、ちょうどその中程にあとから石を積みたしたと見える場所がある。これが鼠多聞の跡である。そもそも城の西側の道路および丸の内駐車場は水堀であった。玉泉院丸からは、鼠多聞前に架けられた木橋で対岸の「金谷御殿」へ渡ることができた。
 その金谷御殿跡には1873年に利家と松を祭神とする尾山神社が建立されている。この神社の東側(城側)入口には、旧金沢城二の丸の門が移築されて東神門となっている。また神社の境内の神苑も金谷御殿の池泉回遊庭園(江戸末期)を保存したものである。しかし何と言ってもこの神社の特徴は西側の神門である。1875年に建てられたこの門はオランダ人ホルトマンの設計による和・漢・洋の折衷様式で、津田吉之助によって建てられた。(日本初の避雷針を備えている。重文指定。)
 尾山神社を西側へ抜けて南をまわって城へ戻ると玉泉院丸に建つ体育館前へ出る。玉泉院丸に入り体育館の裏側へまわるとずいぶん雑然としているが、そこから午前中に見た石垣を見上げてみる。(上記のようにすでにこの体育館は取り壊されている。)
 城の南、いもり堀公園へ出る。前日夕方は暗くなってからの撮影だったが、今度は午後2時のかんかん照りの下での再撮影。

 次はいよいよ兼六園に入場する。しかしあまりの暑さに情緒も何もあっものではない。やはりここは冬に来るところなのだろう。園内に成巽閣(せいそんかく、もと巽御殿)という1863年建造の御殿がある。(内部は撮影禁止)

 午後3時。再び石川門から入城し、二の丸へ直行。復元櫓群を西側の二の丸広場から撮影し、菱櫓から建物内部に入る。内部には金沢城復元模型も展示されている。窓からの眺めも良い。
 建物を出たら次は本丸付段へ入り、本丸入口の鉄門を西日で撮影したあと、三十間櫓の南側から「薪の丸」へとおりる石垣見学コースを見て、いもり坂へ。さらに午前中に見た「玉泉院丸」コースをへて旧第六旅団司令部から二の丸北側を通り三の丸へ戻る。石川門から出て城の北東の白鳥堀跡の散策路(多くの彫刻作品が展示されている)を通って午後5時にホテルへ戻る。