彦根城

− 金亀城 −

概略

所在地滋賀県彦根市金亀町
藩名彦根藩(35万石)
城主井伊氏(譜代)、幕末の大老・井伊直弼
現存 国宝天守佐和口多聞櫓、太鼓櫓、天秤櫓、西の丸三重櫓、馬屋

天守内部は2回目にほとんど人がいない状態で撮影できたが、まだ写真ページは1回目の時のまま更新していない。
3回目には佐和口多聞櫓・天秤櫓・西の丸三重櫓の内部も公開していたが、まだ天秤櫓のページしか更新していない。

歴史

 彦根駅東方の佐和山城があった。そこは織田信長が築き家臣・丹羽長秀を城代としたもので、豊臣政権下でも石田三成が居城として近世城郭へと改修したところである。しかし、関ヶ原の合戦後、そこは破壊され用材はすべてこの彦根城に再利用された。
 一方、彦根駅の西方、琵琶湖に面した彦根山には、淡海公・藤原不比等が近江太守として彦根に住んだことから、その子で藤原北家の祖・房前が護持仏としていた黄金の亀の背に乗った高さ1寸8分の聖観音像を本尊にして金亀山彦根西寺観音と名付けた(720年)彦根寺があった所である。(寺の場所は西の丸の北の「観音台・人質郭」のあたり。)彦根築城にあたりこの寺は城下に移され、藩の祈祷所となった。
 関ヶ原のあと井伊直政が1600年に佐和山に入封し、新たな居城をどこにするか選定前に1602年病没。嫡子・直継の時に彦根山が選ばれ、1603年から普請が始まった。徳川幕府にとって戦略的に重要な拠点であるため、家康は7国12大名に手伝い普請を命じた。完成が急がれたこともあり、石垣の石材、櫓などは前記の佐和山城のほか、大津城、長浜城、安土城などの旧材を徹底的に再利用した。天守は大津城の5重4階のものを移築して3重3階とした。天秤櫓は長浜城にあったもので、秀吉の考案したものとされている。また太鼓櫓門は彦根寺山門を改造したものと伝えられている。
 ただ、西の丸三重櫓は小谷城の天守を移築したものとされていたが解体修理の結果否定されているらしい。佐和口多聞櫓も佐和山城からと「城めぐり事典」にはあるが、彦根城のパンフにはない。

 明治になって、彦根城も廃城となり取り壊しが始められたが、1878(明治11)年の明治天皇巡幸の際に地元民の強い要望が認められて解体中止の特旨を拝した。その直前に訪問した大隈重信が天皇にその旨進言したらしい。そんなわけで、内堀内部=本丸とその附属郭の主要建物は比較的よく残っている。また、表門から入ってすぐに表御殿を外観復元した彦根城博物館がある。
 中堀も完全に残っており、その内側=二の丸は、彦根西中、彦根東高、検察庁、裁判所などに利用されている。

 内堀北東には玄宮園(林泉回遊式庭園+茶亭)および楽々園・欅御殿がある。
 楽々園は、もと藩主の下屋敷で「黒門外御屋敷」と呼ばれていた。4代直興が藩主となった翌年の1677年ごろから造営され、11代直中の隠居後に拡大された。のちの大老井伊直弼は直中の子として1815年10月29日にここで生まれた。黒門外御屋敷とか欅御殿と呼ばれていたが、直弼の兄で12代藩主直亮が楽々之間を増築して以来「楽々園」の名のほうが有名になった。楽々の名は「仁者は山を楽しみ智者は水を楽しむ」からとったとも、「民の楽を楽しむ」という仁政の意味ともいわれている。
  玄宮園も4代直興が1680年に造営したもので、欅御殿の庭だった。唐の玄宗皇帝の離宮にちなんでの命名である。池に突き出すように建つ臨池閣、凰翔台といった建物のほか、中国洞庭湖の瀟湘八景にちなんで琵琶湖の近江八景を模し、竹生島や沖の白石を表現するために樹木や岩石も配置されている。藩政期には楽々園・玄宮園より北は松原内湖だった。

 また中堀の東側すぐ外に、井伊直弼が17歳から32歳までを過ごした過ごした埋木舎(うもれぎのや)がある。

地図参照

※この城は最内郭に関して言えば山崎曲輪が北端、鐘の丸が南端である。西の丸は「西」ではなくむしろ北(西北)になる。方形をした中堀は彦根東高校の隅が南端で、佐和口は東南、京橋口は南西に向いていることになる。
 「よみがえる日本の城」などに載っている地図は佐和口を下にした地図が多いので、私も佐和口を下にして地図を作成した。しかし一般的には京橋口を南とするようである。

訪問記・写真

1回目 2005.11.4

 前日に安土城を見たあと彦根泊。
 この日は午前中はまず内堀外をまわり、午後、表門から有料区域である内堀内に入り、最後に玄宮園にまわった。「美味しいものは後まわし」ということだったのだが、しかしこれでは逆光のオンパレードである。本格的城めぐりの最初の旅で、またそれまであまり写真を撮る趣味もなかったのでそうしたことには思い至らなかったのである。

 埋木舎→佐和口前から中堀南をへて京橋口大手口内堀西を山崎口が見える所まで北上→引き返し船町口から中堀外へ出て滋賀大学の北をまわって山崎曲輪の北東へ→内堀沿いに南下、黒門前をへて佐和口から外へ出て昼食。
 午後、佐和口から表門へ→彦根城博物館見学→表門坂をのぼり天秤櫓門太鼓櫓門をへて本丸天守西の丸観音台から坂を下りて山崎曲輪まで→同じルートで西の丸へ引き返し、今度は黒門口へ下りる→玄宮園へ。

2回目 2007.5.5 pm

 GW中に高知・丸亀を見た帰路、彦根で1泊することにした。前の晩泊まった坂出(丸亀の隣)を朝一番に出てノンストップで飛ばしたら11時には彦根に着いた。彦根市中心街は混むと思い、南彦根のホテルをとったのは正解だった。ホテルに車を置いて、少し遠いが歩きで城へ向かった。
 途中、外堀代わりだった芹川の橋から天守が見える。さらに進むと京橋口から南西へのびる道が「キャッスルロード」として再開発されている。

 連休、かつ築城400周年ということで人出が多い。京橋口から西郷屋敷長屋門をへて内堀南へ出る。ちょうど内堀を廻る観光船がやってきたので、鉢巻・腰巻石垣とセットで撮る。表門橋の手前に家老だった脇家屋敷跡がある。道端に残っているのは海鼠壁の長屋門である。(改築をうけているようで「門」には見えないが...)
 その隣、重文の「馬屋」は築城400年祭で中を見ることができた。しかし本来のこの馬屋は、長屋門の手前ももっと脇のほうにのびていたらしい。反対側は、カギ状に折れて佐和口門のすぐ手前まで残っている。佐和口多聞櫓と馬屋との間のスペースはトイレなどが設置されていて雑然としている。ここも人が多い。

 ここでいったん佐和口から出る。堀越しに佐和口多聞櫓の上に天秤櫓と天守が見える。(前回はそれに気がつかなかった。気づいたとしてもズーム機能無しのカメラだったので良くは撮れなかったろうが。)少し南西へ行くと堀に面して「鈴木家長屋門」がある。
 そのあとまた佐和口から入り直すと右手(馬屋の向かい側)に家老・木俣家がある。門の内側は木々が鬱蒼としているが今も人が住んでいるようだ。その後調べてみると、木俣家は前述の脇家ともども、はじめは武田信玄家臣だったが、その後徳川配下に入った。「井伊家の赤備え」ももとは武田家家臣・飯富虎昌(おぶ とらまさ、信玄嫡男義信の後見役、のち義信を担いでの謀反容疑で自害)のものだったのが、この時「木俣家の赤備え」から全井伊軍の赤備えになっていったものという。

 さて、佐和口から北へ進み、観光船乗り場の向かいにある「玄宮園」入口から中へ入る。まずは「凰翔台」だ。抹茶はいただかずひたすら縁側から天守を見上げて撮りまくる。次に池の東側へまわり、池・臨池閣越しに天守。これも絶景である。前回はこれがモロ逆光だったので、何枚も撮る。玄宮園からズームで楽々園(欅御殿)の書院・地震の間なども撮れたので満足、と思ったら、前回来た時に修復工事中だった御殿の玄関棟も工事が終わっていて、その脇から書院の縁側前まで入ることができた。書院の内部、「地震の間」「雷の間」、少し奥の「楽々の間」も撮れたので大満足! 楽々園はこれからもいろいろ整備修復事業を行っていくらしい。

 楽々園を出て北、山崎曲輪の先端へ向かう。その石垣も前回は逆光だったので撮り直しである。山崎曲輪先端も、その向かいの住宅街側から何枚も撮る。
 戻って、黒門のチケット売場で「ここから中を通って表御殿=博物館のほうへ抜けられますか?」と聞いたら、それは出来ないとのことだったので、仕方なくさらに戻って表門橋から中に入る。門周辺の石垣を漏れなく撮影した後は、今回は博物館はパスして表坂をのぼる。
 天秤櫓下から鐘の丸への虎口の石垣上から何とか天秤櫓全体を収めようと思うが、東側の木の葉が茂っていてダメだった。鐘の丸内部は特に見るべきものもないのだが、南・東の端に櫓台の跡が残っており、また虎口石垣から下を覗くと大手方向へ竪石垣が延びているのもなんとか確認できる。

 天秤櫓(および西の丸三重櫓)では、築城400年祭イベントの一環として、デザイナーのワダ・エミの作品展示がなされていたので、中に入ることができた。しかし内部は撮影禁止だったのであまり意味はない。(デザイン作品ではなく壁とか木組みが目的なのだが、城めぐりとは違う人種の方々が係員なので話してもムダだろうと思いあきらめた。天秤櫓では小澤征爾指揮サイトウ・キネン・フェスティヴァルでのストラヴィンスキー「エディプス王」と映画「里見八犬伝」、西の丸三重櫓では映画「利休」などの衣装が展示されていた。)

 天秤櫓から坂をのぼり太鼓櫓下へ。太鼓櫓門枡形下の時鐘は上記の通り今でも時報として鳴らされている。今回、城を退去する際、午後6時に鐘を突くのを聞くことができた。その隣の茶のサービスをしている「聴鐘庵」は、鐘の管理棟を改造したものである。枡形突き当たりの巨石はここにもとからあった天然岩のようである。太鼓櫓門をくぐって振り返ると、ちょうど櫓の中に築城400年祭マスコットの「ひこにゃん」が入っていくところだった(そこが着ぐるみの着替え室になっていたようだ)。
 本丸に入る。本丸広場内は天守に入る人たちが並ぶためにロープが張られていて「ただいま40分待ち」と表示されている。表門外では「60分待ち」となっていたので、少しは減ったようだが、すでに時刻は4時をまわっているので中に入るのは難しそうだ。着見櫓台から、天守や下界を撮影した後は、天守脇の虎口を通り西の丸へ向かう。
 西の丸から黒門へ下りていく虎口の脇の石垣上が、天守・付櫓・多聞櫓そして着見櫓台へのびる本丸石垣を撮影する絶好のポイントである。次に、西の丸北端の「西の丸三重櫓」へ向かい、前述のワダ・エミ作品展示で中に入るがやはり撮影はできず。
 三重櫓脇の虎口から西の丸を出て、木橋上から堀切と三重櫓をしっかり撮影し、向かい側の「観音台・人質郭」へ。「観音台」の名の由来は上記の通りだが、「人質郭」の名は、藩政時代にここに出郭が築かれ合戦の際には人質を置いておく所としていたことからつけられたものである。この曲輪からさらに北のほうへ坂を下りていく虎口部分も石垣が残っている。前回訪問時にこの坂を下りて山崎曲輪まで行っているので、今回は少し下りた所で引き返して西の丸まで戻る。
 次に西の丸の天守直下から黒門へ下りていく虎口も撮影。ここも前回下まで下りているので、今回は途中まで下りて引き返し、本丸へ戻る。今回は降りる際には天秤櫓下から大手口への坂を通るつもりだからである。

 午後5時をまわって本丸広場も人影がまばらになってきたが、まだ明るい。それに「もしや」とにらんだ通り、天守への入城時間も通常は4時半までだが、連休中は延長になっているようでまだ入れる。そんなわけで、前回はイマイチ緻密さに欠けていた天守内の撮影を残り時間いっぱいかけてやり直せた。まだ列に並んでいる人はいたので、列に従って多聞櫓から付櫓をへて、天守1階からまずはいきなり最上階の3階まで上がらされる。ここで天井の曲がった木を梁に使った木組みや外の眺めを何回も撮影しながら15分ほど粘っているうちに、だいぶ人が減ってきた。次に2階に下りる。母屋の部分は史料展示がなされているが、その天井もまがった木が梁に使われている。周囲の武者走り部分は犬山城よりも幅が狭い感じだ。(入母屋破風の裏の「破風の間」はなかったと思われる。)1階に下りると、さらにその階段の延長で地下1階への階段があるが立入禁止だ。その階段よりも南側=本丸広場側が一段低いフロアーになっている。「武者溜」と表示されているとおり、東西両端まで何もなく結構広いスペースである。時刻は6時10分前。私は最後の入場者として多聞櫓を出た。本丸広場も人影がなくなり(ロープだけは張られたままだったが)、天守外観も何枚も撮り直す。

 太鼓櫓門を出ると、ちょうど6時の時報として鐘を鳴らすところだった。なかなか良い音である。太鼓櫓から天秤櫓への下りの坂道は、前回訪問時には見なかった風景である。この坂道を人影無しの状態で撮影できることなど滅多にないだろう。天秤櫓から鐘の丸をへて、いよいよ初めて見る大手口への坂である。当然降り口の所には天秤櫓石垣に接する形で渡櫓門が建っていて、それをくぐって左へ下りていくようになっていた。その坂はまるで安土城の大手坂のようにストレートな坂道だ。しかし不規則なリズムで石段が設けられているのは、山崎曲輪への坂や黒門口への坂と同じである。
 大手門付近は、木陰で薄暗くフラッシュを炊かないと撮影できない状態になってきた。このあたりはさらにまたいつか訪れた時に撮ろう。
 しかし、大手橋を渡り北へ向かう途中、内堀越しに見上げる天守はまだ明るい。船町口の石垣ともども使えそうな写真が少しは撮れた。しかしここで6時半。船町口から中堀外を京橋のほうへ歩いていくうちにどんどん暗くなる。おまけに中堀越しだとさすがに天守も遠く、疲労と空腹とで集中力も切れてしまい、良い写真はほとんど撮れなかった。

 キャッスルロードのどこかで食事をしようと思ったがどこも満席で入れず。タクシーも意外に捕まえられず、結局また30分以上歩いて7時すぎに南彦根のホテルに戻ることになった。(ただホテルのすぐ近くの小さなフランス料理屋はおいしかった。)翌日、雨の中、一路水戸へと帰り、GW高知・丸亀+彦根の旅はおしまい。


3回目 2009.1.5 pm〜1.6 am

 3回目の彦根は、2009年1月5日。朝、赤穂城本丸をみたあと赤穂を10時に出て、彦根に13時に到着。佐和口前の中堀に面したキャッスルホテルに入る。
 中堀の南から西へまわり京橋口からさらに北上。西から葉の落ちた木々の枝越しに、金亀山上の天守・西の丸三重櫓・太鼓門櫓・天秤櫓などを撮る。
 船町口から二の丸に入り内堀西へ。まずは内堀越しに山崎曲輪先端が見える二の丸北端まで行く。この先端部分から西の住宅地側に向けて昔は橋がかかっていて、船町口・京橋口・佐和口と並ぶ4つの二の丸虎口の1つだった。前々回はこの手前で引き返したのだが、今回は場慣れしているので、この先端部分の空地にに入りこみ存分に撮影する。
 その後内堀沿いに二の丸を南下。途中、カーブした所に櫓台らしき石垣があるが、その内側にさらに登り石垣があるのが見える。これは西の丸三重櫓下に続くものである。
 さらに少し南にある水門を真向かいから撮影するためには、洋館の敷地内に入らなければならない。この洋館は旧滋賀大学外国人宿舎だったもので、現在は「ひこね市民活動センター」になっているため、入ってもOK。

 大手口から入城。西日をあびた大手坂を撮ったあと、西側の梅林になっている米蔵跡を北上し、水手門と登り石垣を撮り、山崎曲輪まで。今回初めて山崎曲輪の石垣上から写真撮影。山崎曲輪全体がそれより南よりも一段高くなっていることに気づく。
 山崎曲輪から東側を南下して観音台への坂を登っていく。西の丸三重櫓と堀切を撮ったあと、西の丸へ入る。
 西の丸三重櫓の内部が公開されていた。大手口には「佐和口多聞櫓の内部公開中」とあっただけだが、西の丸三重櫓も公開されているとなると、おそらく天秤櫓も入れるだろう。こいつはラッキーだ。
 西の丸の木々も葉が落ちていて、枝の間から天守がよく透けて見える。黒門へと下りていく虎口のところに「石垣修復工事中により立入禁止」とある。これであとは天秤櫓方面へ下りていくだけだ。
 本丸へまわると、また新たな発見。まるで倉庫のような天守の正規の玄関口の扉が開いている。ここから入れるわけではないが、中に赤鎧(たぶんレプリカ)が飾ってあった。本丸内の木々も葉が落ちているため、天守南直下からの撮影がしやすい。

 天守には入らず、太鼓門から本丸を出て天秤櫓へ下りていく。やはり天秤櫓も内部公開されていた。
 天秤櫓門から出て鐘の丸へ。ここでも木々の葉が落ちていたおかげで、ギリギリ天秤櫓両端を1画面に入れて撮影することができた。堀切と廊下橋もちょうどよい西日があたり良い写真が撮れた。
 表門へ下りていく。表門から鐘の丸方向を見上げると、やはり葉が落ちた枝の間からよく石垣が透けて見える。
 馬屋も内部公開されていたが前回見たので、すぐに佐和口多聞櫓へ入る。櫓を出たあとは佐和口から埋木舎へまわるが、埋木舎はこの日まで正月休みだったので、さらにその少し東にある池田屋敷長屋門を撮っておしまい。

 翌6日。ホテルの407号室からは天守が見えるが、もう少し正面から見るためには1号室寄りのほうがよい。それよりもエレベーターホールからのほうがさらによい。よって翌6日朝、最上階5階のエレベーターホールの窓を開けてカメラを突き出して撮影。佐和口多聞櫓・天秤櫓・天守と本丸石垣が1つの画面に収まる最高の撮影ポイントである。前日夜、少し雨が降ったようだが、朝食後は晴れてきたのでこの日も午前中は城を撮りまくることにする。
 まずチェックアウトの11時前に散歩で東側内堀沿い石垣を山崎曲輪まで北上。その途中、黒門口を外から撮っていたらそこのチケット売場の方に話しかけられ、その流れでチケット無しで黒門口石垣の内側も撮影できた。黒門を入って左手の仕切門の向こう側、坂の登り口からは完全に工事現場だった。
 次に玄宮園の東側の石垣のラインを撮るためグラウンドの外側を回りこもうと北へ向かうと、目の前に歩道橋が見えた。もしやと思い、歩道橋に上ってみると、グラウンド越しに金亀山全体が見えるではないか! ちょっと電線やグラウンドの照明塔が邪魔だが本丸北側の石垣もよく見える。西の丸三重櫓も西側の長い辺が見えるので、南中堀越しよりも見栄えがする。
 このあとは何度も折れ曲がる玄宮園東側の石垣を撮って埋木舎前へ。この日は埋木舎は開いているのを確認しホテルへ戻りチェックアウト。

 ホテルを出て再び埋木舎に入る。ついで佐和口から入り、表門から大手門にかけての内堀を撮り、京橋口へ向かおうとすると、西郷家屋敷門を所有する裁判所前に高麗門があることに気づく。あとで調べるとこれも現存建物らしい。すると裁判所敷地前の低い石垣も昔のものなのだろうか。さらに裁判所の門が開いていた(前2回は休日だったが今回は正月休み明けで平日)ので、中に入ると、何と西郷屋敷長屋門の建物の内側は裁判所が実際に利用していた!「執行官入口」とか「交通事件入口」という看板が出ているのである。
 京橋口も人通りが少なく良い写真を撮り直せた。これで今回はおしまい。ホテルで昼食を食べ1時過ぎに出発。水戸には8時前に着いた。